バストアップを目指す人はどのような方法を選んでいるのか

婦人

自然に効果を持続させる

胸元

胸が大きくなりたい女性は多いですが、できるだけ周囲にバレずに大きくなりたいと思うはずです。バストコンプレックスは恥ずかしいと感じているケースが多く、悩みを誰にも相談できずにいる人も珍しくありません。思い切ってバストアップ手術の検討をしても、生理食塩水やシリコンなどを入れることは抵抗があるともえいます。突然バストアップをすると、周囲も驚くはずですし、噂が立ってしまう可能性があります。人によっては整形に対してあまりよいイメージを持っていない人もいるので、その人の置かれている環境によってはますます難しく感じてしまうのです。

しかし、最近ではナチュラルにバストアップできる方法が登場しています。自分自身が納得できれば良いという人にはピッタリの施術です。バストコンプレックスを解消できれば、ストレスもなくなり、自分にも自信が持てます。また、これまで避けていたファッションなどにも挑戦できるでしょう。自分のために少しだけバストアップを希望する女性も多いのです。そんなナチュラル派の人が受けるバストアップ手術とは、脂肪注入法になります。脂肪は自分自身の脂肪を採取して、その脂肪を自分の胸に戻すという方法です。脂肪は太ももや、腹部などから選べます。そのため、ダイエット効果もあるというわけです。自分の脂肪を使ってバストアップできるので、整形手術が初めての人でも抵抗感が少ないと感じるケースが多いようです。また、レントゲン写真にも写りませんし、ナチュラルな仕上がりを期待できるので、周囲にもバレにくいことが利点です。

ただし、脂肪注入によるバストアップでは注意すべきこともあります。それは、脂肪が定着するか否かということです。せっかく脂肪を注入しても、定着しなければバストアップ効果は見込めません。また脂肪注入では、医師のスキルやテクニックが試されます。形の美しさやバランスなどの見た目もそうですが、柔らかく自然な手触りなどにおいても仕上がりに大きな差が出てきます。美容外科クリニックを選ぶときには、医師のレベルが高いと評判のクリニックを探すことが重要になってくるでしょう。また、クリニックによっては手術の方法もさまざまです。局所麻酔で日帰りで手術を受けることが可能なクリニックもあります。さらに定着率を高めるための最先端の方法を取り入れているクリニックも人気です。そのような方法になると、費用は100万円を超えるような高額な手術もありますが、定着率がよければ効果も持続しますので、しっかりと検討していきましょう。